AKAI MPCにおけるデータセーブ・ロードの方法、手順

AKAI MPCを使用してビートメイクする場合、データのセーブ・ロードが出来なくては話にならない。

この記事では、AKAI MPC2500を例に、AKAI MPC本体では無く外部記録媒体(ここではCFカード)にデータをセーブ・外部記録媒体からデータをロードする方法について触れていく。




セーブ・ロードする必要のあるデータ

AKAI MPCにおいてビートメイクする場合、セーブ・ロードする必要があるデータは主に、

  • サンプル素材(Sample)
  • プログラム(Program)
  • シーケンス(Sequence)
  • ALL Sequence and Song

となる。

 

サンプル素材(音源)

レコードからサンプリングした素材、自分で録音した素材など・・・録音ソースは何にせよいわゆる音源

これが1番データ容量が大きくなる。当然、録音秒数が長くなればなるほどデータ容量は大きくなる

なので「録音の際に失敗して納得のいく結果にならなかった」など、使用していない音源は出来れば削除し、保存領域を確保したい。

 

プログラム

プログラムとは、簡単に言えば「A1~D16までのどのパッドにどの音源を割り当てたか」を記録するものだ。

細かく言えば、各パッドごとにボリュームの設定・フィルターの設定など多くの設定項目があるのだがここでは省略する。(もちろん、それらの設定もデータとして記録される)

 

シーケンス(Sequence)

このシーケンスはデータ容量が小さい。

これは、そのシーケンスの各トラックに「どのタイミングで、どれくらいの強さで、どれくらいの長さ、どのパッドを叩いたのか」と言う情報がデータとして記録されるもので音源は記録されない。

 

ALL Sequence and Song

AKAI MPCには、Song機能がある。

個別に作成したシーケンスの順番・構成を組み立て1曲にするものだ。

 



データセーブ・ロードの方法

CF_card-Slot

セーブ・ロード画面への移行の仕方

AKAI MPCにおいて、データセーブ・ロード画面に移行するには、

  1. MODEボタン+PAD2
  2. MODEボタン+PAD3

 

を押す2通りの方法がある。

そして、

  1. MODEボタン+PAD2を押した場合→LOAD画面
  2. MODEボタン+PAD3を押した場合→SAVE画面

 

と、このように画面が移行するようになっている。

 

これは、どちらを選択しても構わない。セーブ・ロード画面に移行するとF1、F2ボタンで簡単にセーブ画面・ロード画面を切り替えられるようになっている。

 

データのロード方法

まず、データをロードする場合。

AKAI MPC(2500)の画面を簡単に再現すると下のようになる。

Load from:■■■■■■

:ROOT

File:??????

なので、

  1. ジョグホイールを動かし■■■■■■の部分をMEMORY CARDにする。
  2. ↓カーソルを押し??????を選択する。
  3. また、ジョグホイールを動かしロードしたいデータ、またはフォルダを選択。
  4. F6[DO IT]を押す。

と言う流れになる。

 

データのセーブ方法

次にデータをセーブする場合。セーブ画面は下のようになる。

Save To:■■■■■■

TYPE:!!!!!!

Item:??????

To:●●●●●●

なので、

  1. ジョグホイールを動かし■■■■■■の部分をMEMORY CARDにする。
  2. ↓カーソルを押し!!!!!!を選択し、「SAVE A SAMPLE」「SAVE A PROGRAM」「SAVE A SEQUENCE」「SAVE ALL PROGRAMS AND SAMPLES」「SAVE ALL SEQS AND SONGS」から該当する項目をジョグホイールで選択。
  3. ↓カーソルを押し!!!!!!を選択。ジョグホイールを動かしセーブしたいアイテムを選択する。
  4. ↓カーソルを押し●●●●●●を選択。ジョグホイールを動かし保存先を選択する。
  5. F6[DO IT]を押す。

と言う流れになる。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove