『DOMO GENESiS / GENESiS』 レビュー




SIDE-A

個人的には、このアルバムはSIDE-AよりSIDE-Bが好きだった。

全体的な感じとしては、SIDE-Aは数回聴いただけではピンとこない曲が多く、SIDE-Bの方は数回聴いただけで好きになる曲が多かった。

 

2. ONE BELOW

とにかく長い1曲。

初めの方は語りが入ってる。途中からドラムなどが入り、ラップが始まる哀愁漂う1曲。

 

3. WANDERER FT.TAY WALKER

ピアノの入ったユッタリとした1曲。

クレジットにはContains elements of “Those Days” written by Robert GlasperRobert Glasper(ロバートグラスパー)の名前が記載されている。

 

SIDE-B

 

6. GO(GAS) FT.WIZ KHALIFA, JUICY J & TYLER,THE CREATOR)

アルバム中、なかなか好きな1曲。

OFWGKTA(Odd Future Wolf Gang ***l Them All)からTYLER,THE CREATORが参加&トラックをプロデュースしているが、TYLERがプロデュースしている事がすぐに分るトラックだ。

各々のヴァース部分はかなりシンプルだが、HOOKになると一気にシンセの感じ等がTYLERのらしさを感じる雰囲気に変わる。



 

7. COMING BACK FT.MAC MILLER

アルバム中で1番好きな曲。

トラックが良いが、特にさりげなく聴こえる低音の歪がかったようなシンセとベースドラムのコンビネーションが格好いい。(PROD. BY SAP)

8. DAPPER FT.ANDERSON .PAAK

この曲も中々好きな1曲。

ジャジーで疾走感のあるトラック。

12. LOST AND FOUND

所々出てくるギターが好き。

 

関連記事『GAME/DOCTOR’S ADVOCATE』レビュー-2nd LP without the Doc




All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove