KRK-ROKIT5_with_effect

【DTM】KRK ROKIT5 モニタースピーカー【レビュー】

様々なシリーズが出ているKRK

正直、宅録を始めたばかりでモニタースピーカーと言っても何にすればいいかまったく分らなかったので、ヒップホップ系モニターとして使ってる人が多い気がする(気のせいか?)KRKで選んだ。

 

「このデザイン(黄色のスピーカーコーン)が好き」と言うのも理由の1つ。

他にも理由はあるが、それはのちほど。

【関連記事>>>【DTM】モニタースピーカーとは?リスニング用スピーカーとの違いは?

 




 

KRK ROKIT5 スペック

このKRK ROKIT5のスペックを簡単に書くと・・・

・形式:2Way、アクティブモニタースピーカーシステム

・低域:5″ Aramid Glass Composite woofer、 高域:1″ soft dome tweeter

・周波数特性:45Hz – 35kHz、 Max Peak SPL:106 dB

・パワーアンプ:クラスA-B 50W

・入力コネクター:RCA、1/4″ TRS、XLR

・寸法:230mmx185mmx282mm、 重量:6.4kg

(引用元:https://www.amazon.co.jp/)

となる。

 

サイズ的には、普通の家庭用コンポについてくるスピーカーより若干大きい感じだ。

 




45Hz~35kHzの幅広い周波特性

初めてのモニタースピーカーにこのKRK ROKIT5を選んだ理由にはデザイン(色)が良かった等いくつかあるが、理由の内の1つに広い周波数特性がある。

 

例えば(フラットな音と言われるYAMAHAシリーズの)YAMAHA HS5Wの場合、周波数特性は54Hz-30kHz

MACKIE(マッキー)CR3の場合も周波数特性は80Hz~20KHzとなる。


一方、このKRK ROKIT5の周波数特性は、45Hz-35kHzと低域、高域ともに他より若干幅広い周波数をカバーしている。

高域は20kHz(人間の可聴域は高域で20kHzあたりまでだったと思う)でも充分だと思うが、低域は少しでも広くモニター出来た方が良いな・・・と思いコレにした。

 

【関連記事>>>【DTM】モニタースピーカーとは?リスニング用スピーカーとの違いは?

 

KRK ROKIT5 接続・コントロール

裏面①

接続

RCAピン接続×1

BALANCE接続×1

XLR接続×1

 

コントロール

LF LEVEL ADJUST

低域のモニター音量を調整する

-2dB~+1dBの範囲で調節可能。

 

HF LEVEL ADJUST

高域のモニター音量を調整する
-2dB~+1dBの範囲で調節可能。

 

VOLUME(ボリューム)
その名の通りモニター音量を調整する

-30dB~+6dBの範囲で調節可能。

 

大きい音を出せない環境で試す価値アリ?低域を絞るLF LEVEL ADJUST

どうしても大きな音を出せない環境では対策として、LF LEVEL ADJUSTを操作する、と言うものがある。

LF LEVEL ADJUSTを-(マイナス)方向に操作すれば低域の音量を(多少は)抑える事が出来る。

 

逆に高域を押さえたい場合はHF LEVEL ADJUSTのつまみを-(マイナス)方向に絞る。

 

意外と気になる音、壁を挟んでも気になる音と言うのは、やはり(ベース、ベースドラム等)低域の音になる。(特にヒップホップ系は)

基本の音量に気をつける事はもちろんだが、低域を絞るだけでも多少の違いが出る事がある。(とは言っても-2dBまでなので過度な期待は禁物)

 

【関連記事>>>DTM・DAW初心者におススメしたいミックス・マスタリング関連本7冊

 




KRK ROKIT5 電源プラグ等

電源プラグ部分。

特に変わった事はない。

 

以上

簡単にだが、KRK ROKIT5はこんな感じだ。

KRKからは他にも様々なタイプのスピーカーが出てるので、気になる人はそっちも見てみると良いだろう。

KRKモニタースピーカー 他のタイプを見に行く

 

モニタースピーカーと言っても人それぞれの好みなので、それぞれデザインやスペックを比べてみて好きなものを選べば良いだろう。

(スタンダードな物が良い!って人はYAMAHA HS5Wとかでもいいと思うし。)

 

KRK以外のモニタースピーカーも見に行く

 

 

関連記事

【DTM】モニタースピーカーとは?リスニング用スピーカーとの違いは?

dbx 166XS Compressor/Limiter/Gate【Review(レビュー】

【DTM】KORG nanoKEYを使用して分かった宅録環境にMIDIキーボードを導入する事で得られるメリット【体験談】

 

 

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove