AKAI MPCとターンテーブルの接続方法を紹介する




AKAI MPCを導入する理由としては、「サンプリングしてビートメイクしたかったから」と言う人が多いかと思う。

レコードからサンプリングする場合、まずターンテーブル(orミキサー)とAKAI MPCをケーブルで接続しなければならない。

 

この記事では、AKAI MPCとターンテーブル(orミキサー)の接続方法接続した後にやるべき事を紹介する。(ここでは、MPC2500を例に話を進める。)




接続方法

RECORD INジャック

画像では分りにくいが、ターンテーブル(やミキサー)から伸びたケーブルのもう一方は、MPCのRECORD INジャックに接続する事になる。

AKAI MPC2500では、背面パネルの左下にRECORD INジャックはある。

 

TRS PHONE接続

ターンテーブル(orミキサー)側の接続はRCAピン型の物も多いかと思う。

ただ、MPCのRECORD INジャックはTRSフォーン接続である。

 

(ほんの一例として)audio-technica ATL481A/3.0のように一方がRCAピン、もう一方がTRS PHONE型のケーブルなら問題は無いが、ATL464Aのような両方がRCAピンタイプの物は、上の画像のようにRCAピン変換プラグを使用し、TRSに変えMPCに接続する必要がある




接続後にする事

INPUT THRUをON

ケーブルでターンテーブルとMPCを繋いだだけでは音は出ない。

 

ターンテーブルとMPCを接続したら、次に上の画像の赤枠で囲ってある「INPUT THRUボタン」を押す

そして、Input thruをOFFからONにする。

これをONにしないと音が出ない。

 

sourceはANALOGとDIGITALがあるが、ターンテーブルを接続する際はANALOGを選ぶ。

ModeはSTがステレオ、LがL ch、RがR chだ。

 

REC GAINで音量レベル調整

また、レコードの音量レベルが小さいと感じる時は、上の画像の赤枠で囲ったREC GAINのつまみを右方向に回せば、音量レベルを大きく出来る

 

横にあるのはMAIN VOLUMEのつまみだ。

バランスを取りながら音量レベルを調整する。

 

簡単にだが、ターンテーブル(or ミキサー)とAKAI MPCの接続方法はだちたいはこんな感じである。

 

 

関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove