AKAI MPCとターンテーブルの接続方法を紹介する




AKAI MPCを導入する理由としては、「サンプリングしてビートメイクしたかったから」と言う人が多いかと思う。

レコードからサンプリングする場合、まずターンテーブル(orミキサー)とAKAI MPCをケーブルで接続しなければならない。

 

この記事では、AKAI MPCとターンテーブル(orミキサー)の接続方法接続した後にやるべき事を紹介する。(ここでは、MPC2500を例に話を進める。)




接続方法

RECORD INジャック

画像では分りにくいが、ターンテーブル(やミキサー)から伸びたケーブルのもう一方は、MPCのRECORD INジャックに接続する事になる。

AKAI MPC2500では、背面パネルの左下にRECORD INジャックはある。

 

TRS PHONE接続

ターンテーブル(orミキサー)側の接続はRCAピン型の物も多いかと思う。

ただ、MPCのRECORD INジャックはTRSフォーン接続である。

 

(ほんの一例として)audio-technica ATL481A/3.0のように一方がRCAピン、もう一方がTRS PHONE型のケーブルなら問題は無いが、ATL464Aのような両方がRCAピンタイプの物は、上の画像のようにRCAピン変換プラグを使用し、TRSに変えMPCに接続する必要がある

関連記事AKAI MPCで楽器演奏をセルフサンプリングする方法を紹介する




接続後にする事

ケーブルでターンテーブル(・ミキサー)とAKAI MPCを接続しただけでは音は出ない。これから紹介する操作が必要になる。

 

AKAI MPCで楽器演奏をセルフサンプリングする方法を紹介するでも触れているが、ターンテーブル・ミキサーだけでなく、楽器をAKAI MPCに接続した場合も同じように必要になってくる操作だ。

 

INPUT THRUをON

ケーブルでターンテーブル(・ミキサー)とMPCを繋いだだけでは音は出ない。

 

ターンテーブルとMPCを接続したら、次に上の画像の赤枠で囲ってある「INPUT THRUボタン」を押す

そして、Input thruをOFFからONにする。

これをONにしないと音が出ない。

 

sourceはANALOGとDIGITALがあるが、ターンテーブルを接続する際はANALOGを選ぶ。

ModeはSTがステレオ、LがL ch、RがR chだ。

 

REC GAINで音量レベル調整

また、レコードの音量レベルが小さいと感じる時は、上の画像の赤枠で囲ったREC GAINのつまみを右方向に回せば、音量レベルを大きく出来る

 

横にあるのはMAIN VOLUMEのつまみだ。

バランスを取りながら音量レベルを調整する。




 

以上

簡単にだが、ターンテーブル(or ミキサー)とAKAI MPCの接続方法はだちたいはこんな感じである。

サンプリング~パッド割り当てまでの大まかな流れは【AKAI MPC】サンプリング~音源のパッド割り当てまでの手順で紹介している。

 

関連記事
 AKAI MPCの電源がつかない時の対処法
 MPC2500の記録媒体(CFカード)について知っておきたい事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove