【AKAI MPC】サンプリング~音源のパッド割り当てまでの手順




AKAI MPCでサンプリングした音をパッドへ割り当てる場合、その手順を大まかに言えば、

①サンプリング

②トリム

③パッドへ割り当て

となる。

 

この記事では、「サンプリング~パッド割り当て」までの流れを簡単に説明していく。




①サンプリング

接続

まずは、音源をサンプリングする必要がある。

レコードからサンプリングする場合、まずターンテーブル(ミキサー)とMPCをケーブルで接続する必要がある。(AKAI MPC2500ではCDからサンプリングする事も出来るが、レコードからサンプリングすることにこだわりを持っている人も少なくないかと思う。)

 

(ターンテーブル(ミキサー)とMPCの接続方法については、こちらの記事で触れている。)

関連記事 AKAI MPCとターンテーブルの接続方法を紹介する

 

Rec

MODEボタン+PAD5でレコーディング画面へ移動し、レベルなど調整し素材を録音する。

 

②トリム(TRIM)

トリム(TRIM)とは?

音源をサンプリングしたら、次にトリムしていく。

トリムとは、簡単に言えば編集だ。

  • 素材の前後の無音部分、不要な部分をカット
  • 素材のノーマライズ
  • リバース処理
  • 素材のチョップ(切り分け)
  • ピッチの変更

等の操作が出来る。

 

トリム画面へ

MODEボタン+PAD6でトリム画面へと移動できる。

ここで各々好きなように素材を編集していく。

最後にサンプル音の名前を編集しておくと、後々の作業がスムーズに行く。




 

パッドへ割り当て

プログラム画面へ

トリムが終了したら、各パッドへ音を割り当てていく。

まず、MODEボタン+PAD7でプログラム画面へ移動する。

移動したら、どこでも好きなところで良いのでサンプリング音をアサイン(登録)したいパッドを押す。

そうすると、下のようなアサイン画面が出てくる。(PAD A01を選択した場合)

Program 01と表示されている下に黒くなっている部分がある。

DATAホイールを回すと、その部分に登録されているサンプル音の名前が一個ずつ順番に表示されていくので、アサインしたいサンプル音が表示されるまでホイールを回す。

アサインしたいサンプル音の名前が表示されたらそこでストップすれば、これでもうアサインは完了だ。パッドを叩いてみれば音が出るハズだ。

 

複数パッドへ割り当て可能

サンプル音はPAD 01~16の複数の好きな箇所に音を割り当てることが出来る。

例えば「PAD1とPAD2とPAD3」のように、一か所だけでなく複数のパッドへ割り当て自分の使いやすいようにカスタマイズする事が可能だ。

 

A,B,C,Dの切り替え

パッドは更にA、B、C、Dの切り替えが可能だ。

A 01~A 16、B 01~B 16、C 01~C 16、D 01~D 16、と1つのプログラムで16×4=64通り使える事になる。

関連記事
 AKAI MPCで楽器演奏をセルフサンプリングする方法を紹介する



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove