【DTM】出来れば避けたい過剰なマキシマイザーの使い方

【DTM】出来れば避けたい過剰なマキシマイザーの使い方

マキシマイザーに関して

マキシマイザーとは?


WAVES L3 Multimaximizer Native

マキシマイザーとは、簡単に言えば「音量」を上げるエフェクトである。もっと的確に言えば「音圧(楽曲の音量の平均値)」を上げる為のエフェクトである。

仕組み的には、コンプレッサーやリミッターと似ている。リミッターも、このマキシマイザーもコンプレッサーを応用したようなものだ。「各トラックごとにインサート」される事もあるが、よく知られた使用法としては「マスタートラックにインサートし、2MIX全体の音圧を上げる」と言うものがある。

 

なぜ音圧を上げる必要がある?

「なぜ音圧を上げる必要があるのか?」と言えば、音圧が高い方が楽曲全体に迫力が出て格好良く(それなりの物に)聴こえるから(=売れる)だ。昔ならマキシマイザーを使用していない作品も中にはあるだろうが、現代の”プロが作成し(特にメジャーは)流通しているようなCDを始めとする音源”では、ほぼ使用されていると思って良い。

>> 音楽からダイナミクスを失わせる過剰な音圧競争の行方とは?




やってしまいがちなマキシマイザーの使い方

「音圧を稼ぎたいから」と

DTM初心者がやってしまいがちなマキシマイザーのかけ方としては、「音圧を稼ぎたい」からと、+5, 6dB~+10dB程度、もしくはそれ以上マキシマイザーのみで持ち上げてしまい「2MIXに対してマキシマイザーを過剰にかけてしまう」と言うものだ。

これは自分の経験談でもあるが、DTM・DAWを始めたばかりで”音圧”の意味すら知らなかった頃、こう言った使い方を頻繁にしてしまっていた。当然音量は上がるが、音は歪むし楽曲のバランスは酷い事になっていた。

 

軽いかけ方

本来マキシマイザーは軽く(+2~3dB)かける程度が好ましい。

マキシマイザーのみで一気に何dBも音圧を稼ごうとするのではなく、他のエフェクト(サーチュレーター、テープシュミレーター、イコライザー、コンプレッサー等々)も併用し、それぞれのエフェクトで少しずつ音圧を稼いでいった方が良い

マキシマイザーのみで一気に音圧を上げてしまうと、楽曲全体のバランスが崩れやすくなってしまう。過剰にマキシマイザーをかけてしまっている人は見直してみてはどうだろう?

>> プラグイン比較-マキシマイザー / リミッター:価格帯別




DTM, DAWカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!