『GAME / The Documentary』レビュー-“No More Fun~”の圧倒的な勢い

『GAME / The Documentary』レビュー-“No More Fun~”の圧倒的な勢い

GAME / The Documentary

Track List

 


GAME / The Documentary』2005/1/18
  1. Intro To The Documentary
  2. Westside Story feat. 50CENT
  3. Dreams
  4. Hate It Or Love It feat. 50CENT
  5. Higher
  6. How We Do feat. 50CENT
  7. Don’t Need Your Love feat.Faith Evans
  8. Church For Thugs
  9. Put You On The Game
  10. Start From Scratch feat. Marsha Of Floetry
  11. The Documentary
  12. Runnin’ feat. Tony Yayo
  13. No More Fun And Games
  14. We Ain’t feat. Eminem
  15. Where I’m From feat.Nate Dogg
  16. Special feat.Nate Dogg
  17. Don’t Worry feat. Mary J. Blige.
  18. Like Father,Like Son feat. Busta Rymes



レビュー

colorful-effect

GAMEの1stアルバム。個人的には、

  • 2. Westside Story feat. 50CENT
  • 4. Hate It Or Love It feat. 50CENT
  • 5. Higher
  • 6.How We Do feat. 50CENT
  • 8. Church For Thugs
  • 11. The Documentary
  • 13. No More Fun And Games
  • 14. We Ain’t feat. Eminem
  • 15. Where I’m From feat.Nate Dogg

が好きだった。その中でも特に好きな曲について触れて行く。



Westside Story

すぐにDr.Dreプロデュースだと分る音。(低音、高音とも)ピアノに特にDr.Dreの音の特徴がよく出ているシリアスなトラック。

 

Higher

珍しくキックが4つ打ちのトラック。緊迫感がある。

Let’s have a ******a party
Somebody lean over and tell Banks to order another case of 40’s

(GENIUSより)

 

と、リリックに40(oz.)が出てくる部分もある。

» オールドイングリッシュについて、ヒップホップにおける40 oz.の意味

 

No More Fun And Games

アルバム中1番好きな曲。Just Blazeプロデュースのトラックも良いが、GAMEのラップの勢いがアルバム中1番凄いと個人的に感じる。1ヴァース目の出だし

******a ******a, that’s already evident
****a Wit’ a Attitude, check check my residence
Whether I’m ***p or ****d, homie, that’s irrelevant
I’m with the D.O.C., there’s nobody better than
The West coast felon when he on that lowrider bike pedalin’
Somebody tell Eazy they still yellin’ it

GENIUSより)

 

この辺りは曲中でも特に勢いを感じる。この中でも特に

I’m with the D.O.C., there’s nobody better than
The West coast felon when he on that lowrider bike pedalin’

GENIUSより)

 

better than…の後にドラムが入ってくるのだが、この部分が特に格好良い。コーラス(フック)では、1ヴァース目の出だしでも名前が出たN.W.A「******a ******a」 (STRAIGHT OUTTA COMPTON収録)がカットインで入ってくる。GAMEは様々な曲中でN.W.AおよびN.W.Aのメンバー名をリリックで挙げる。N.W.AがGAMEに与えた影響の大きさを感じる。2ヴァース目の出だしでも

I’m like Dre, Eazy, Cube, King Tee and Ren rolled in one

GENIUSより)

 

とメンバーの名前を挙げている。2ヴァース目のリリックでは、

I’m ruthless(*1), I ain’t talkin’ ‘bout the label
I’ll hook *****s up, and I don’t mean free cable
I mean I’ll hook *****s up to them IV’s(*2)
The same way Dre hooked me up to Iovine(*3)

GENIUSより)

 

ruthless(*1)ヒップホップのレコードレーベルの1つにRuthless Recordsと言うレーベルがある。が、”I ain’t talkin’ ‘bout the label”とあるように、また3、4行目のリリックからも分るようにRuthless Recordsの事を言っているのでなくそのまま”冷酷”と言う意味で使用している。

IV’s(*2)…静脈内治療(参考:Wikipedia

Iovine(*3)…Interscope Records CEOのJimmy Iovine

この辺りの表現が好きだ。パンチラインは3、4行目、I mean I’ll hook ~ hooked me up to Iovine。3ヴァース目は、ヴァース全体を通しリリックに数字を多用していて、それも格好良い。



Where I’m From

ゆったりしたトラック。1ヴァース目の出だし

I’m a B-L-double-O-D
Been on songs with S-N-double-O-P
Inside a Ferrari with the D-R-E
Run up I let it sing like Nate D-O-double-G
Walk through 8 Mile, G-Unit’s on my feet
Got a cherry lowrider in the N-Y-C

この辺りが綺麗に押韻されていて聴いていて気持ちいい。

Gameカテゴリの最新記事