レコードプレイヤーを購入するならプリアンプ内蔵型がおすすめな理由

レコードプレイヤーを購入するならプリアンプ内蔵型がおすすめな理由

レコードプレイヤー(ターンテーブル)には、本体内部にプリアンプ(フォノイコライザー)「内蔵されている物」「内蔵されていない物」の2パターンが存在する。

 

「単体のプリアンプ(フォノイコライザー)を間に繋いでレコード聴く」事にこだわりを持つ人もいるかと思うので、どちらを選択するかは各々の自由だが、

  • アンプ(スピーカー)に直接繋いでレコードを聴ける
  • 金銭的コストを抑えられる
  • 場所を取らない

などのメリットから、 個人的には「プリアンプが本体内部に内蔵されている物」おすすめする。

 

この記事では、「プリアンプ内蔵型レコードプレイヤーに関する基礎知識」から「プリアンプ内蔵型レコードプレイヤーのメリット」「プリアンプ内蔵型レコードプレイヤーの紹介」「具体的な接続方法」まで触れて行く。

プリアンプ内蔵型レコードプレイヤーの基礎知識

library-31

別途のフォノイコライザーが不要

本来、レコードプレイヤーを使用してレコードを聴くにはレコードプレイヤーとアンプ(スピーカー)の間に別途でフォノイコライザーミキサーを挟まなければならない。

だが、プリアンプ(フォノイコライザー)内蔵型レコードプレイヤーの場合、そのプリアンプ(フォノイコライザー)が 最初からレコードプレイヤー本体内に内蔵されている為、単体でプリアンプ(フォノイコライザー)やミキサーを購入する必要性が無くなる。

 

PHONO接続とLINE接続の切り替え方法

プリアンプ(フォノイコライザー)内蔵型レコードプレイヤーを直接アンプやスピーカーに接続してレコードを聴く場合、 接続方法はLINE接続を選択しケーブルを接続する事になる。

プリアンプ(フォノイコライザー)内蔵型レコードプレイヤーの場合、 レコードプレイヤーの本体のPHONO端子付近に「PHONO接続 / LINE接続」切り替えスイッチが付属していて、それを使いPHONO接続とLINE接続を切り替えるパターンが多い。



プリアンプ内蔵型レコードプレイヤーのメリット

good-or-bad

アンプ(スピーカー)に直接繋いでレコードを聴ける

先ほども述べたように、本来レコードプレイヤーを使用してレコードを聴く際は、PHONO接続となりレコードプレイヤーとアンプ(スピーカー)の間に別途でフォノイコライザーミキサーを挟まなければならない。

だが、レコードプレイヤー(ターンテーブル)本体にプリアンプ(フォノイコライザー)が内蔵されているタイプの物の場合、 レコードプレイヤー側の出力をLINE出力にすればレコードプレイヤーとアンプを直接繋いでも問題無くレコードを聴く事が可能となっている。

 

金銭的コストを抑えられる

つまり、必ずしも別途にフォノイコライザーミキサーを購入する必要が無いので、 当然その分の金銭的コストは抑えられる。

 

場所を取らない

また、別途でフォノイコライザーミキサーを導入すれば、 当然その分の場所も確保しなければならなくなる。

だが、プリアンプ内蔵型レコードプレイヤーの場合はそう言った問題も無い。



プリアンプ内蔵のターンテーブル

RP7000_02

プリアンプ内蔵型のレコードプレイヤー(ターンテーブル)はいくつか発売されているので、その一例を紹介していく。

 

Reloop RP-7000

まず、自分も使用しているReloop RP-7000(上記画像)。

このRP-7000は、プリアンプ(フォノイコライザー)を内蔵している上、ピッチチェンジを始めとした他の機能面も充実しており、ターンテーブルを購入する際には候補の1つとして考えても良いのではないかと個人的には思っている。

>> Reloop RP-7000における2通りのレコード回転スピード調節方法

 

Pioneer PLX-500

Pioneerから発売されているPioneer PLX-500

このPLX-500にも同様にプリアンプ(フォノイコライザー)が内蔵されている。類似品として、Pioneer PLX-1000があるが、こちらにはプリアンプ(フォノイコライザー)は内蔵されていない。(RP-7000, PLX-1000, PLX-500それぞれの細かい違いについては下記記事を参考に。)

>> 【ターンテーブル】PLX-1000との違いを比較して見えてくるRP-7000の優位性

 

TEAC TN-350-CH

TEAC TN-350-CHフォノイコライザーを内蔵したレコードプレイヤーだ。TEAC TN-350-CHは、ベルトドライブ方式のレコードプレイヤーとなり、DJのように「スクラッチをしたり」と、言った使い方ではなく純粋に「レコードを聴いて楽しむ」為のレコードプレイヤーだ。こちらには、USB端子も付いている。

Reloop RP-7000詳細
矢印(右) Amazon, SOUND HOUSE, 楽天, イシバシ楽器
Pioneer PLX-500詳細
矢印(右) Amazon, SOUND HOUSE, 楽天, イシバシ楽器
TEAC TN-350-CH詳細
矢印(右) Amazon, 楽天



具体的な接続方法(自分の場合)

turn-table_09

自分がプリアンプ内蔵型ターンテーブル(Reloop RP-7000)スピーカー(KRK ROKIT5)接続する方法は、主に以下の3パターンになる。

  1. Reloop RP-7000とKRK ROKIT5を直接接続
  2. Reloop RP-7000→AKAI MPC→KRK ROKIT5の順に接続
  3. Reloop RP-7000→MTR(マルチトラックレコーダー)→KRK ROKIT5の順に接続

 

Reloop RP-7000とKRK ROKIT5を直接接続

Reloop RP-7000KRK Rokit 5TRS端子に直接接続する方法だ。

1番シンプルで、ケーブルも最小で済む。当然、ケーブル類の絡まりも少ない。

 

Reloop RP-7000→AKAI MPC→KRK ROKIT5の順に接続

RP-7000OUTAKAI MPCRECORD INに接続し、AKAI MPCSTEREO OUTをモニタースピーカーKRK ROKIT 5TRS端子に接続する方法だ。

この接続方法ならいちいちケーブルを抜き差ししなくとも、

  • AKAI MPCでレコード音源のサンプリング
  • レコードを聴く

と、言った事が出来る。 更に、AKAI MPC内蔵のローパス・バンドパス・ハイパスフィルターをかけながらレコードを再生する事も可能だ。

>> AKAI MPCとターンテーブルの接続方法を紹介する

 

Reloop RP-7000→MTR→KRK ROKIT5の順に接続

RP-7000OUTMTRINPUT端子に接続し、MTRSTEREO OUT(MONITOR OUT)をモニタースピーカーKRK ROKIT 5TRS端子に接続する方法だ。

この場合も、先ほどの方法と同様にMTR内蔵のエフェクトをかけた音を再生する事も可能だ。

>>【DTM】KRK ROKIT5 モニタースピーカー【レビュー】




All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove