Reloop RP-7000における2通りのレコード回転スピード調節方法

Reloop RP-7000における2通りのレコード回転スピード調節方法

Reloop RP-7000は、Reloopから発売されているターンテーブル(レコードプレイヤー)だ。

Reloop RP-7000においてアナログレコードの回転スピードを調節する方法には、大きく分けて

  1. 33/45回転切り替えボタンで切り替える
  2. PITCH+-ボタンとスライダーで切り替える

と、言う2通りの方法がある。

 

この記事では、「レコードの33回転と45回転の違い」から「RELOOP RP7000におけるレコード回転数調節方法」まで触れて行く。

 

レコードの33回転と45回転の違いとは?

DMX_x-gon02_640

1分間に回転する数

そもそも、レコードの33回転と45回転の違いとは何なのだろう?

両者の違いを簡単に説明すれば、

  • 33回転は「1分間にレコードが33回回転する」
  • 45回転は「1分間にレコードが45回転する」

と、言ったように「1分間にレコードが何回回転するのか?」と言う違いになる。

 

回転数は、それぞれ決まっている

アナログレコードでは、そのレコードごとにそれぞれ回転数があらかじめ決められており、分り易く分けるとこのようになる。

  • 33回転:LP
  • 45回転:EP
  • 78回転:SP

 

比較的収録時間の長いアルバムはLPとなり、数的にも多い。上記画像のようにレコードのラベルに「331/3 RPM」などのように回転数が記載されている場合も多い。(因みに「331/3 RPM」は33回転の意味)



33/45回転切り替えボタンを押す

RP7000_swith02_640

どちらかのボタンを押せば切り替え可能

Reloop RP-7000において、一番簡単に回転スピードを切り替える方法としては、「33/45回転切り替えボタンを押す」と、言った方法がある。

 

画像では見にくいが、「START/STOP」ボタンの右側に「REVERSE」ボタン、「33/45回転」切り替えボタンがそれぞれ並んでいる。

33回転のアナログレコードを再生する場合は「33」のボタンを、45回転のアナログレコードを再生する場合は「45」のボタンをそれぞれ押せばOKだ。

33回転のレコードをターンテーブルの設定を45回転にして回すと、ヒップホップでよく聴くピッチの上がった音になる。

 

78回転もあり

また、Reloop RP-7000では、33回転ボタンと45回転ボタン両方を押す事で78回転も設定する事が可能となっている。

78回転で聴くSPレコードはLP等に比べて数は多くないので、単純に「レコードを聴く」目的で使用する事は多くは無いだろうが、33回転のLPや45回転のEPを78回転で再生し、「ピッチを上げてサンプリングタイムを短くする為」だったり、「ピッチの上がった音を楽しむ為」と言った使い方が可能になる。

まだ、初期の頃のAKAI MPCサンプリング出来る秒数が短かった「レコードのピッチを上げてサンプリングタイムを短くする」事で対応するケースが多かったようだ。

 

Reverseボタンもあり

RP7000_swith01_640

また、上記画像の33/45回転切り替えボタンの少し上にReverseボタンもある。

このReverseボタンを押せば、アナログレコードが逆再生される。



PITCH+-ボタンとスライダーで切り替える

RP7000_slider01_640

「PITCH+-」ボタンとスライダーを使用した回転数切り替えの手順

また、「33/45回転切り替えボタンで回転スピードを切り替える方法」とは別の方法として「PITCH+-ボタンとスライダーで切り替える」と言った方法がある。

 

「PITCH+-」ボタンには、「+/-8」「+/-16」があり、「+/-16」の方が調整出来るピッチの幅が大きくなる。また、両方を押す事で更に調整できる幅が大きくなる「PITCH+/-50」を設定する事が可能だ。

RP7000_pitch50

 

「PITCH+-」を用いたレコード回転数変更の手順としては、

  1. 「+-8」「+-16」のどちらかを選択する
  2. スライダーを好きな位置に動かす

の2ステップとなる。

 

より自由にピッチを変えれる

「PITCH+-50ボタンとスライダーで切り替える」方法の場合、最終的なピッチはスライダーの位置で決定される。

スライダーはどの位置に設定しても良いので、「33/45回転切り替え」ボタンを使用した場合よりもより自由かつ幅広い回転数(ピッチ)の変更が可能となる。

 

QUARZLOCKで元へ戻る

また、スライダーが+-どの位置にあろうと、スライダーの横にある「QUARZLOCK」ボダンを押す事で一瞬にして元の回転スピードに戻す事が出来る。

Reloop RP-7000
矢印(右) Amazon
矢印(右) SOUND HOUSE




All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove