ターンテーブル比較:メーカー別

ターンテーブル:PIONEER製

 

Pioneer DJ PLX-500


Pioneer DJ PLX-500は、プリアンプ、USB端子が搭載されたダイレクトドライブ方式のターンテーブル。

Pioneer DJ PLX-1000


Pioneer DJ PLX-1000は、PLX-500よりもレコード回転スピード調節の面で優位なダイレクトドライブ方式のターンテーブル。

 

Pioneer DJ PLX-500 Pioneer DJ PLX-1000
駆動方式 ダイレクトドライブ ダイレクトドライブ
駆動モーター 3相ブラシレスDCモーター 3相ブラシレスDCモーター
回転数 331/3 / 45 / 78 331/3 / 45 / 78
リバース
ピッチフェーダー +/-8% +/-8%, +/-16%, +/-50%
クウォーツロック(RESET)
プリアンプ(フォノイコライザー)
出力 PHONO/LINE LINE
付属カートリッジ型式
内蔵スピーカー
バッテリー駆動
USB端子 Type B
詳細 矢印(右) Amazon, Sound House, 楽天, イシバシ楽器, 矢印(右) Amazon, Sound House, 楽天, イシバシ楽器,

 

 

PLX-500, PLX-1000それぞれの機能・特徴

 

プリアンプの有無

valve
PLX-500とPLX-1000双方を比べた場合、まず「プリアンプが内蔵されているかされていないか」と、言った違いがある。PLX-500の方が価格は安価ながらプリアンプが内蔵されている為、間に個別にプリアンプを挟まずともレコードを聴く事が可能である。
>> レコードプレイヤーを購入するならプリアンプ内蔵型がおすすめな理由

回転スピードの調整可能範囲

music-player-2951
PLX-500, PLX-1000共にピッチフェーダーが搭載されてはいるが、PLX-1000は+/-8%, +/-16%, +/-50%の範囲で調整可能かつピッチリセットボタンが搭載されているのに対し、PLX-500は+/-8%,の範囲でしか調節できないうえにピッチリセットボタンは搭載されていない。

 

 

 

ターンテーブル:RELOOP製

 

RELOOP RP-7000 MK2


RELOOP RP-7000 MK2は、リバース機能、ピッチフェーダーなどを搭載したダイレクトドライブ方式のターンテーブル。

RELOOP RP-8000 MK2


RELOOP RP-8000 MK2は、RP-7000 MK2に更にディスプレイやUSB端子などが加わったモデルとなる。

 

RELOOP RP-7000 MK2 RELOOP RP-8000 MK2
駆動方式 ダイレクトドライブ ダイレクトドライブ
ディスプレイ
駆動モーター 3相ブラシレスDCモーター 16ポール、3フェイズ、ブラシレスモーター
回転数 331/3 / 45 / 78 331/3 / 45 / 78
リバース
ピッチフェーダー +/-8%, +/-16%, +/-50% +/-8%, +/-16%, +/-50%
クウォーツロック
プリアンプ(フォノイコライザー)内蔵
出力 LINE / PHONO LINE / PHONO
付属カートリッジ型式
内蔵スピーカー
バッテリー駆動
USB端子 Type-A/B 各1つ
詳細 矢印(右) Amazon, Sound House, 楽天, イシバシ楽器, 矢印(右) Amazon, Sound House, 楽天,イシバシ楽器,

 

 

RELOOP RP-7000 MK2, 8000 MK2の機能・特徴

 

プリアンプ内蔵

valveRP-7000 MK2, 8000 MK2共に、ターンテーブル本体にプリアンプ(フォノイコライザー)が内蔵されている為、間にプリアンプを挟まずとも直接スピーカーに接続してレコードを聴く事が可能となっている。
>> 【ターンテーブル】PLX-1000との違いを比較して見えてくるRP-7000の優位性

自由度の高い回転スピード

record-4043223_640RP-7000 MK2, 8000 MK2共に331/3/45/78回転に対応しており、かつ+/-8%、+/-16%、+/-50%のピッチフェーダーが搭載されているので、レコード回転スピードの調整はかなり自由度が高くなる。
>> Reloop RP-7000における2通りのレコード回転スピード調節方法

 

 


>> レコードプレイヤー比較:価格帯別


 

error: Content is protected