About Me&This Site

About “Heretick Mentality”

heretickmentality-top-pic_1

当サイトは

当サイト“Heretick Mentality”は個人で運営しているサイトです。

基本的に(引用以外)他サイトからの文章のコピーは一切行っておらず、あくまで全てオリジナルの文章(製品比較ページを除く)です。(Sound Cloudでもですが)パーソナルなワードも集客用クエリの1つとして利用します。

 

当サイトの目的 / 方針

当サイトは、著者のプライベートを晒す目的で運営している訳ではありません。当サイトには、第三者が(ネット上等で)作り上げた著者自分に対するイメージを修正する目的もあります。また、サイトを運営する上での最低限のルールとして以下を設定しています。

  1. 世の中の流行(あたかも流行しているように見せているものも含め)は無視する
  2. 著者自身の好きなテーマを突き詰める
  3. 記事やサイトデザインの外注は一切行わない

 

ルール1:世の中の流行(あたかも流行しているように見せているものも含め)は無視する

音楽に関しては、様々なジャンルにおいて”意図を持ったもの”や”作り上げられたスター”が少なくありません。(もちろん全てとは言いませんが、)特に「流行している」と言われ、メディアで取り上げられるようなものには。

当サイトの記事で取り上げるアーティストに関しても、これら”意図を持ったもの”や”作り上げられたスター”が偶然(つまり、著者自身にその認識が無く)紛れ込んでしまう可能性も否定できません。逆に、著者自身がそれらを”意図を持ったもの”や”作り上げられたスター”である事を認識した上で取り上げる場合もあります。

著者が聴く音楽を選ぶ際、動画サイト等の再生回数やメディアで取り上げられたかどうか?と、言った事は全く重要視しません。聴く音楽を選ぶ基準はたった1つ、「自分自身がそれを好きかどうか?」その点のみです。10億回再生されていようが、嫌いなものは嫌い。逆に、世界中で120人しか知らない曲だとしても好きなものは好き。基本的にはこのスタンスです。

 

ルール2:著者自身の好きなテーマを突き詰める

当サイトで取り上げる

  • ヒップホップ
  • AKAI MPC

等がそれです。

 

ルール3:記事やサイトデザインの外注は一切行わない

それは”投資”では無く”浪費”に終わる可能性があります。また、このサイトが大事だからこそ、業者に外注を頼むつもりはありません。

 

当サイトで取り扱うテーマ

当サイトHeretick Mentalityでは主に、

  • ヒップホップ
  • AKAI MPC
  • DTM・DAW

についての話題を重点的に扱います。特にヒップホップAKAI MPCに関しては、まとめサイト・キュレーションサイトのような”上辺をなぞった広く浅い記事”ではなく、”狭く深い記事”を書ければ良いかと思っています。

 

当サイトの過去の運営に関して

2018年の当サイトにおけるトラフィックに関して&2019年の当サイトの方針 »

2019年の当サイト運営を振り返って(運営裏話)&2020年の運営方針 »

2020年の当サイト運営(と多少の社会情勢)を振り返って »

 



About Me

color-4158151_640

Author Name: Heretikk (笠井 康平)

自分を知る人なら、サイトのテーマカラーを見れば判断可能かと思います。

 

名前の由来

“Heretikk”。これは単に単語のアレンジで、英語の“heretic”から来ています。

hereticとは

1.異教徒
2.異端者
3.異説を唱える人

Weblioより)

 

そして、1はさほど重要で無く(2.”異端者”と)3.”異説を唱える人”の意味を中心に込めました。宗教的な意味と言うよりも、英語の”maverick”に近いニュアンスかもしれません。

maverickとは

1.焼き印のない牛
2.(政治家・芸術家などの)無所属の人
3.異端者
4.「一匹おおかみ」

Weblioより)

 

1.異教徒、2.異端者
“heretic”と言う単語には、まず”異教徒”と言う宗教的な意味があります。が、この意味は込めていません。

”異教徒”とは、自分が所属している宗教から見て別の宗教、つまり例えば、キリスト教徒から見ればイスラム教徒や仏教徒等が異教徒に、イスラム教から見ればキリスト教徒や仏教徒等が異教徒に当たります。

2.”異端者”に関しては1.”異教徒”と似ていますが、こちらは同じキリスト教内でも別宗派に属していた者、多数派とは違う考えを持つ者を指す言葉で、中世ヨーロッパでは異端は厳しく取り締まられていたようです。(参考:世界史の窓

 

個人的な宗教観に関して言えば、考え方は曖昧です。完全な無神論者でも無い。だからと言って、特定の何かを特別に崇拝している訳でも無い。不可知論者に近いのかもしれません。

ただ、Melek Taus(メレク・タウス)や Yazid(ヤズィード)に関して詳しい訳でも信仰している訳でもなんでも無いのですが、たまたま目にしたRevelation of Melek Ta’us(メレク・タウスの啓示)の抜粋にあったある一節の日本語訳(下記に抜粋)を知った時、妙にしっくりと来ました。これは、自分自身が昔から感じていた事に近いものでした。

そして、私の知恵の秘密の洞窟には、私以外に神はいないことが知られています。
すべてのホスト、メレク・タウスの大天使。
これを知って、誰があえて否定しますか?
これを知って、誰があえて崇拝に失敗しますか?
[……………………]
これを知って、コーランと聖書の偽りの神々をあえて崇拝するのは誰ですか?
これを知って、誰がそれを作ろうか[………………………….]?

Light Bearer’s realm より)

 

昔から「(一神教で見られる)自分では無い特定の(目に見える形で示される)存在を、絶対的な唯一の”神”として崇拝する事」に本能的に違和感を感じていました。”神”と崇められている存在が人の目に見える時点で胡散臭い(まるで年利40%を謳う怪しげな金融商品のように)し、自分以外の特定の存在を絶対的な”神”として崇拝した瞬間に、自分自身の神性を否定する事に繋がる氣がしていました。(もちろん、誰・何を崇拝・信仰するかは人それぞれ自由であり、個人個人の信仰を否定するつもりはありません。)

宗教は”分断の為のツール”、”金儲けの為のツール”(「勧誘し何らかの商品を売り付ける」と、言ったあからさまな手法からもっと巧妙な手法まで、その集金方法に多少の違いはあれど)である、と言う説は多く見られます。そして、この説は概ね正しいと個人的に感じています。

 

3.”異説を唱える人”

(2.”異端者”と同じような意味ですが、)この”異説を唱える人”と言う意味を1番大きく込めました。「それまでの通説(常識・固定観念)を疑う、否定する、覆す」と、言う行為・姿勢が好きだからです。

例えば有名な例で言えば、それまでの通説(常識)であった天動説ではなく地動説を唱えたガリレオ。ある人達には都合の悪い存在であった為、裁判を受ける事になりましたが、今では地動説が定着しています。(これも、もしかしたら覆される可能性がまったく無い訳ではないかと思います。)

必ずしも、多数派がいつでも正しく”異端”のレッテルを張られた者が間違っているとは限らないのです。

 

Favs / Artists

West Cost

  • Dr.Dre
  • GAME
  • John Conner
  • King Mez
  • Snoop Dogg

etc…

 

East Cost

  • DJ Premier
  • MOBB DEEP
  • Nas
  • Pete Rock

etc..

 

Other

  • Ásgeir
  • James Blake
  • José James
  • RADIOHEAD
  • Robert Glasper

etc…

 

SNSアカウントに関して

Sound Cloudは利用していますが、Facebook, Twitter, Instagram, Tik Tok等に関しては時間の浪費に繋がる為、また利用する事で得られるメリットと比較して様々な面においてデメリットの方が多過ぎる為、アカウントは一切開設していません(記事作成の為、簡単にチェックしたり引用する事はあります)。そして、今後もアカウントを開設するつもりはありません。



意見・感想、要望、お問い合わせ

意見・感想、要望、お問い合わせ、メッセージ等はコンタクトフォームへお願いします。広告掲載についてのお問い合わせの場合、可能であればまず広告掲載についての確認をお願いします。

 

プライバシーポリシー・免責事項

プライバシーポリシー、免責事項に関しては下記のページからご確認ください。

プライバシーポリシー »

免責事項 »