AKAI MPCにおけるFX(エフェクト)の設定方法とセンド方法

AKAI MPCでは、本体内蔵のFX(エフェクト)をかける事も出来る。

この記事では、AKAI MPCにおいてのFX(エフェクト)の設定方法とFxをかける(センドする)方法について触れていく。
なお、ここでもAKAI MPC2500を例に話を進める。




FX設定方法

AKAI MPCのエフェクトには、

  1. FX1
  2. FX2
  3. Master Fx(マスター)

の合計3つのエフェクトがある。

 

FX1,FX2MIXER画面でセンドの設定をし、希望するPADに対してのみかける事になる。
一方、Master Fx音源全体に対してかけるものになる。

 

FX画面への移行

まずは、Fx画面へと移行する必要がある。

FX画面へは、MODEボタン+PAD12で移行できる。

FX画面は、下のように表示されているかと思う。(こうなっていない場合はF1ボタンを押せば移行できる)

Eff:■■■

FX1 type:●●●

To FX2:△△△

FX2 type:○○○

 

■■■では、保存しておいたFXの設定(FX1,FX2,MASTERで設定したエフェクトとその値)を選択する事が出来る。

To FX2では、YESかNOを選択する。YESを選べばFX2が有効になる。

 

FX1

まず、1つ目のエフェクトFX1。
FX画面でF2ボタンを押す事でFX1へと移行できる。

ここでは、

  • BIT GRUNGER(ビットグランジャー)
  • 4 BAND EQ(4バンドイコライザー)
  • COMPRESSOR(コンプレッサー)
  • PHASE SHIFTER(フェイズシフター)
  • TREMOLO(トレモロ)
  • FLYING PAN(フライングパン)
  • REVERB(リバーブ)

の中から1種類エフェクトを選択し設定する事になる。

SELECTもしくは、FX1の画面でFX1 typeにカーソル合わせジョグホイールを回して希望のエフェクトを1つ選択する。

 

Fx2

FX2も基本的にはFX1と同じだ。

To FX2:△△△でYESを選択した上で、FX2 type:○○○を希望のエフェクトにする。

FX2ではエフェクトの種類が3つ増え

  • CHORUS(コーラス)
  • FLANGER(フランジャー)
  • BIT GRUNGER
  • 4 BAND EQ
  • COMPRESSOR
  • PHASE SHIFTER
  • TREMOLO
  • FLYING PAN
  • REVERB
  • DELAY(ディレイ)

となる。

 

MASTER FX

MASTER FXは、FX1,FX2とは異なり音源全体に対してかけるエフェクトだ。
MASTER FXには、

  • EQ
  • COMPRESSOR

の2つがある。

 

EQは、L(Low),2,1,H(High)4つのEQポイントがある。

EQ,COMPRESSOR共に使用する場合はONにして使用する。



FXのSEND(センド)方法

MIXER(ミキサー)画面へ

FXの設定が出来たら、次はSENDの方法について触れていく。

まずは、MIXIER画面へ移行する必要がある。方法としては

 

  1. 先ほどのFX画面からF5(GO2MIX)ボタンを押す
  2. MODEボタン+PAD8

の2つがある。

 

SEND先の設定

MIXER画面が出たら、F3(FXSEND)ボタンを押す。

そるすると、上の方にOFF(もしくは1、2)と表示される部分があるのでそこにカーソルを持って行く。

OFF→1→2の順番で表示されるので、何もかけない場合はOFF、FX1に送りたい場合は1、FX2に送りたい場合は2をそれぞれ選択する。

 

SEND量の調整

SEND先がREVEB、DELAYなどSEND量(どの程度エフェクトをかけるか)を調整可能なエフェクトの場合、センド量の調節が可能だ。

A01,A02….など表示されている部分にカーソルを持って行き、ジョグホイールを回せばSEND量の調整が出来る。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove