AKAI MPCにおける16 LEVEL設定方法

AKAI MPCにおける16 LEVEL設定方法

AKAI MPCの16LEVELとは?

16個のPADをキーボード的に使う

AKAI MPCには、「16 LEVEL」と言う機能がある。

16 LEVELは、例えばPAD1、PAD5(どのパッドでも可)など、どこか特定のパッド(一か所)を指定して使用する事が出来る。指定したパッドの音源素材の元々のピッチ(音程)やフィルターのかかり具合を少しづつずらしたものをPAD1~16に割り当て、16個のパッド上でキーボードのような使い方が出来るものだ。

 

16 LEVELに設定できる項目

16 LEVELで設定できる項目としては、

  • VELOCITY
  • TUNE
  • FILTER
  • LAYER
  • ATTACK
  • DECAY

がある。(MPC2500の場合)

 

TUNEを設定した場合

例えば、PAD1に割り当ててあるAと言う音源素材に16 LEVELのTUNEを設定するとする。そうすると、(PAD4をOriginal key padとした場合)PAD4→PAD3,2,1の順に音が低くなり、PAD5→PAD6,7…16の順に音が高くなる。PAD4は原音のままとなる。



16 LEVELの設定方法

MPC2500-16LEVEL02

(画像はAKAI MPC2500)

 

16 LEVELボタン

AKAI MPCでは、16 LEVELでいくつかの項目を設定する事が可能だが、ここでは「PAD:B01」「Original key pad6」「TUNE」を設定するとして(画像では、PAD BANK:Aが選択されているが、それは無視して)話を進める。

 

AKAI MPCにおいて16 LEVELを設定するには、まず上記画像の「16LEVEL」ボタンを押す。

 

Assign画面での設定

そうすると、

Assign 16 Levels
Pad:A01
Type:VELOCITY

とこのように表示されるかと思う。なので、「Pad:A01」を「Pad:B01」に変更する。そして、次に「Type:VELOCITY」を「Type:TUNE」に変更する。

 

そうすると、

Type:TUNE
Original key Pad:4

と表示される。先ほども触れたように、「Original key Pad」とは、「音源素材そのままの音(原音キー)をどのパッドに設定するのか」と言う意味になる。

そして、ここでは「Original key Pad:4」「Original key Pad:6」へ変更し、「Turn On」ボタンを押す。これで、PAD 5,4,3…1と順に音が低く、PAD 7,8,9…16の順に高くなる。(ちなみにOriginal key padは、4~13まで設定できる。)

MPC2500-16LEVEL03

 

MAIN画面へ

「Turn On」ボタンを押せば自動的にMAIN画面へ戻る。あとは、今まで通りパッドを叩けば16 LEVELが設定された音が出る。




All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove