【AKAI MPC】SLIDER機能の使用方法

【AKAI MPC】SLIDER機能の使用方法

AKAI MPCの中でもAKAI MPC2500など、Q-LINKが搭載されているモデルの場合、Q-LINKのフェーダーやつまみの操作でビートの再生中にも指定した音(PAD)の音程(TUNE)や音量レベル(LEVEL)を変更する事が可能な「SLIDER(スライダー)機能」の使用が可能となっている。

REC(録音)の際にSLIDER機能を使用すれば、DAWソフト上でオートメーションを書いた場合と同じような使い方が出来る。

 

SLIDER画面に関して

AKAI MPC2500_08

SLIDER画面への移行方法

まず、SLIDER画面へ移行する。

HOME画面などから、「MODE+PAD 1」でSLIDER画面へ移行する事が出来る。

 

SLIDER画面の見方

Pgm:□□□


Assign Pad:□□□


Change:□□□                          High range:□□□

Parameter :□□□                    Low range:□□□


Q1    Q2    Q3    Q4

 

大体だが、SLIDER画面へ移行すると上記のような画面に切り替わる。それぞれの設定項目についての詳細は以下のようになる。

 

名称 意味など
Pgm Program(プログラム)の略。プログラムを1つ選択する。
Assign Pad プログラムの中から、操作したい音が入っているパッドを1つ選択する。(A01~D16)
Change
  • NOTE ON
  • REAL TIME

の2種類から選択する。

Parameter 何のパラメーターを操作するかを選択する。
High range 最高値
Low range 最低値



NOTE ON選択時に設定可能なパラメーター

turntable-1472519_640

各パラメーターはQ-LINKのフェーダーやつまみを操作する事で調整する事が可能となっており、NOTE ON選択時REAL TIME選択時では設定可能なパラメーターが異なってくる

 

まず、NOTE ONを選択した場合に設定可能なパラメーターを見て行く。NOTE ON選択時に設定可能なパラメーターは、

  1. TUNE
  2. FILTER
  3. LAYER
  4. ATTACK
  5. DECAY

の5項目となっており調整可能範囲等は以下のようになっている。

 

パラメーター 調整可能範囲等
TUNE 音程の調整が可能。設定可能範囲は、+120~-120。
FILTER +50~-50の範囲内で設定可能。
LAYER +127~0の範囲内で設定可能。
ATTACK +100~0の範囲内で設定可能。
DECAY +100~0の範囲内で設定可能。

 



REAL TIME選択時に設定可能なパラメーター

sound-wave4958_350

続いて、REAL TIME選択時に設定可能なパラメーターを見て行く。REAL TIME選択時に設定可能なパラメーターは、

  1. TUNE
  2. CUT OFF 1+2
  3. LEVEL
  4. CUT OFF 1
  5. CUT OFF 2
  6. RESO 1
  7. RESO 2
  8. PAN

の8項目となっており調整可能範囲は以下のようになっている。

 

パラメーター 調整可能範囲等
TUNE 先ほどのQ1, Q2と同じように音のTUNE(音程)が設定可能。こちらも設定可能範囲は、+120~-120。
CUT OFF 1+2 +50~-50の範囲内で設定可能。
LEVEL LEVEL(音量レベル)が+100~-0の範囲内で設定可能。
CUT OFF 1 +50~-50の範囲内で設定可能。
CUT OFF 2 +50~-50の範囲内で設定可能。
RESO 1 +50~-50の範囲内で設定可能。
RESO 2 +50~-50の範囲内で設定可能。
PAN PAN(パン)、音の定位を設定可能。Q-LINKのつまみ位置がそのまま反映される。

 

 

SLIDER機能の使用方法

MPC2500-and-CF_card

例えば、Program01のPAD:A01(スネア)のピッチ(音程)を変更したい場合、SLIDER機能使用の手順は以下のようになる。

 

スネアのピッチを変更したい場合

  1. PgmでProgram01を選択
  2. Assign Padにピッチ変更したいスネアが入ったパッドを割り当てる
  3. ChangeでNOTE ON, REAL TIMEいずれかを選択
  4. ParameterでTUNEを選択
  5. High range, Low rangeにそれぞれ任意の数値を入力
  6. フェーダーもしくは、つまみを動かしつつ1.で選択したパッドを叩く

これで、スネアのピッチが変わるようになるはずだ。




All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove